一般撮影システム

RADspeed Pro 高機能タイプ
文献紹介はこちら

連動機能が使いやすさを一層向上

APRに連動して、ワンタッチ操作で天井走行式X線管懸垂器が自在に移動し、ポジショニング位置に自動設定されます(オプション)。また、操作室の壁掛けコンソールからだけでなく、X線管装置側でも撮影条件や術式を変更できます。
さらに、キヤノン株式会社製FPDを組み合わせて自動長尺撮影が行えます(オプション)。

オートポジショニング

被ばく低減を実現する次世代コリメータ搭載

撮影部位に応じて撮影メニューを選択するとコリメータのフィルターが連動して切り替わります。無用な被ばくを抑え最適な線量で良好な撮影画像が得られます。コリメータ放射口周囲のゴムクッションカバーが、被検者が不意にぶつかった時の衝撃を和らげます。また、照射野を示す光源に明るく長寿命のLEDランプを採用しており、照度と耐久性が向上しました。
次世代コリメータ

さりげない工夫で使いやすさとやさしさが向上

X線管懸垂器は上下移動範囲が1600mmと大きく、臥位撮影時の十分なSID確保と立位撮影時の低焦点撮影が両立できます。また、撮影テーブルには、乗り降りしやすい天板昇降タイプをご用意しています。さらに、FPDを組み合わせたDR撮影にも対応できます(オプション)。
*組み合わせ可能なFPDについては、弊社営業担当者にお問い合わせください。

CH-200

扱いやすく機能充実、コンパクトX線高電圧装置

直感的な操作が可能なカラーLCDタッチパネル搭載のX線高電圧装置には、800種類の撮影条件が設定でき多方向撮影条件を記憶・更新可能なアドバンストAPRを採用しており、撮影条件設定が容易に行えます。また、「撮影準備完了」「撮影」などを、コンソールとハンドスイッチの色とサウンドでお知らせします。
コンパクトX線高電圧装置


RADspeed Pro は(株)島津製作所の商標です。
製造販売認証番号
221ABBZX00210000 据置型デジタル式汎用X線診断装置  [ 診断用X線装置 RADspeed Pro ]
据置型アナログ式汎用X線診断装置*
X線平面検出器出力読取式デジタルラジオグラフ*
*本医療機器は複数の一般的名称に該当します。

ページトップへ
本サイトは医療従事者を対象としています。