血管撮影システム

MEDICAL NOW No.76

MEDICAL NOW No.76

新X線画像処理 SCORE PRO Advance について

(株)島津製作所 医用機器事業部
森 一博

はじめに

高度化する血管内治療に対応するため,低被ばく・高画質化を目的とした新画像処理SCORE PROAdvanceを開発しました。X線画像を用いた血管内治療では目的とする部位へ治療デバイスを進め,デバイスや治療部位の状態を確認しながら様々な治療を行います。X線画像は人体に照射し透過したX線を画像化したものですが,様々な臓器の重なりやその動きにより,目的とする治療デバイスの視認性は低下します。さらにX線はその発生原理から一定のゆらぎをもって人体に照射されます。このゆらぎはノイズとして画像に現れ目的とする治療デバイスや治療部位の視認性を低下させます。被ばく線量低減を目的として,照射するX線量をさらに少なくした場合,透過X 線により得られる信号に対するノイズの比率が大きくなるため,このノイズをいかに低減させるかがX線画像における低被ばく・高画質化の課題となります。我々はSCORE PRO Advanceという新たな画像処理を用いることにより,これら課題に対しより高いレベルで解決することを試みました。本書ではSCORE PRO Advance処理を搭載した血管撮影システムTriniasシリーズを用いた臨床画像をまじえて,その内容をご紹介します。

 

入力画像 Nフレーム
入力画像 N+1 フレーム
パターン抽出及びマッチング処理
SCORE PRO Advance 処理結果

ノイズリダクション処理概要

  • Triniasは(株)島津製作所の商標です。
製造販売認証番号
224ABBZX00053000 据置型デジタル式循環器用X線透視診断装置 [血管撮影システム Trinias]