血管撮影システム

医療専門誌

医療専門誌

Digital Radiography(DR)を極める [動画編]

血管撮影システムはハードウェアとソフトウェア双方の進化により、臨床面での可能性が広がり続けています。月刊INNERVISION 2014年12月号では、被ばく低減やハイブリッド手術室への展開、手技支援アプリケーション、画像処理などの側面から、臨床での応用例が技術解説と共に紹介されましたのでご紹介します。
ご希望のお客様には本別刷をお届けいたしますので、「資料請求画面」からお申し込みください。

Trinias

Digital Radiography(DR)を極める [動画編]

[被ばく低減] 被検者と術者に負担のない検査・治療をめざして
血管撮影装置 Trinias F12における被ばく低減技術の使用経験
東海大学医学部付属八王子病院 循環器内科
笠井 智司 先生、松隂 崇 先生

[ハイブリッド手術室] 適応の広がりと今後の展望

吹田徳洲会病院における 「TriniasHybrid」の使用経験
吹田徳洲会病院 心臓血管外科
竹内 麦穂 先生、大原 俊裕 先生
吹田徳洲会病院 院長
金香 充範 先生
大阪大学大学院医学研究科低侵襲循環器医療学
倉谷 徹 先生

[手技支援アプリケーション] 検査・治療の精度向上に向けて
所沢ハートセンターにおけるPCI治療支援ソフトウエアの使用経験
所沢ハートセンター 循環器科
江崎 裕敬 先生
所沢ハートセンター 理事長
桜田 真己 先生

[画像処理] 画像クオリティの飽くなき追求
下肢血管内治療における“SCORE RSM”の重要性”
岡村病院理事長/院長
岡村 高雄 先生