血管撮影システム

医療専門誌

医療専門誌

心血管内治療において、技術進歩したアンギオ装置の果たす役割
─当院循環器内科の経験より

血管撮影システムにおける画像処理技術は、高度化する血管内治療をより安全に行うために必要不可欠な要素で、様々なアプリケーションを構築する上でも重要な基盤となります。弊社は画像処理技術 “SCORE Imaging” を様々なアプリケーションに展開し、更なる低侵襲治療の支援を目指しています。月刊INNERVISION 2017年4、5月号で、その技術解説と “SCORE Imaging” を搭載したバイプレーンシステムTrinias B8 MiX packageが心血管内治療で有用であった臨床例が紹介されましたのでご紹介します。
ご希望のお客様には本別刷をお届けいたしますので、「資料請求画面」からお申し込み下さい。

INNERVISION 2017年5月号
マルチモダリティによるCardiac Imaging 2017 臨床編

DAのストラテジー&アウトカム
心血管内治療において、技術進歩したアンギオ装置の果たす役割
─当院循環器内科の経験より
橘会東住吉森本病院循環器内科 坂上 祐司 先生

INNERVISION 2017年4月号
マルチモダリティによるCardiac Imaging 2017 技術編

Cardiac Imagingにおけるモダリティ別技術の到達点
循環器領域のIVRにおける“SCORE Imaging”の最新技術
株式会社 島津製作所 医用機器事業部 安見 正幸

Trinias