外科用X線TVシステム

MEDICAL NOW No.78

MEDICAL NOW No.78

Interview VAIVTにとって画質も操作性も最適の装置 -磐田メイツクリニック様-

磐田メイツクリニック
松田 秀一 院長,花村 匡平 診療放射線技師,木下 雅実 看護師

磐田メイツクリニックは,静岡県磐田市の駅南に位置する透析専門クリニックであり,シャントエコーやシャント造影を利用してシャント総合管理を行い,透析治療の充実を図っておられます。
シャント治療室には当社外科用X線テレビシステムOPESCOPE ACTENO が設置されており,シャント造影検査やシャント風船治療(シャントPTA)に活用していただいています。
今回,松田秀一院長はじめスタッフの方に検査および治療の状況についてお話を伺いました。

  • ※ VAIVT(Vascular Access Intervention Therapy):透析シャント血流不全に対する経皮的な血管内治療
花村 匡平 診療放射線技師

花村 匡平
診療放射線技師

松田 秀一 院長

松田 秀一
院長

木下 雅実 看護師

木下 雅実
看護師

検査室

検査室

  • OPESCOPE ACTENOは(株)島津製作所の商標です。
製造販売認証番号
225ABBZX00105000 移動型デジタル式汎用一体型X線透視診断装置 [外科用X線テレビジョン装置 OPESCOPE ACTENO]
移動型アナログ式汎用一体型X線透視診断装置
  • ※本医療機器は複数の一般的名称に該当します。