回診用システム

MEDICAL NOW No.70

MEDICAL NOW No.70

大規模集団災害を想定した訓練での
回診用X線撮影装置MobileDaRt Evolutionの使用経験

地方独立行政法人 大阪府立病院機構
大阪府立急性期・総合医療センター 医療技術部放射線部門
樫山 和幸,船橋 正夫

はじめに

大阪府立急性期・総合医療センターは,大阪市の南部6区(住吉区,住之江区,阿倍野区,西成区,平野区,東住吉区)の住吉区にあり,近辺には大阪市の総合競技場のある長居公園や住吉大社,住吉公園など緑豊かな環境にある。
当センターでは総合病院として多様な医療ニーズに対応するとともに,安全で質の高い医療を提供するために,急性期医療部門・専門医療部門・中央部門・高度医療センター・障がい者医療リハビリテーション医療部門の5つの部門を体系化し,28診療科を配している。全病床数は768床(一般病床734床,精神病床34床)となっている。
2006年4月に独立行政法人へ移行し,翌2007年には大阪府立身体障害者附属病院を統合するとともに,隣接地に整備された大阪府立障がい者自立センター,大阪府立障がい者自立相談支援センターと連携を図りながら,全国に類をみない障がい者医療リハビリテーションセンターを運営している。
府立5病院の中では唯一の総合病院で,全国に先駆けて1974年に設置された救急医療専門診療科による三次救急をはじめ,多くの政策医療を担当している。
また,当センターは大阪府の基幹災害医療センターとして,大規模集団災害発生時には,被災者の受入れや初期治療を行うなどの役割を担っている。

参考文献

  1. 加藤真己人:回診用X線撮影装置MobileDaRt Evolution/ MobileArt Evolution,
    MEDICAL NOW,No.66,27 ページ~30 ページ,2009
  2. 川村義彦:誌上講座 画像の主観的評価法7-II Howlett チャート,日本放射線
    技術学会雑誌,49(4),611 ページ~615 ページ,1993
医師による本体モニタでの画像確認
医師による本体モニタでの画像確認
撮影の風景
撮影の風景
  • MobileDaRt Evolutionは(株)島津製作所の商標です。
製造販売認証番号
220ABBZX00229000 移動型デジタル式汎用X線診断装置[回診用X線撮影装置 MobileDaRt Evolution]
移動型アナログ式汎用X線診断装置
  • ※本医療機器は複数の一般的名称に該当します。