• HOME 
  • >  文献紹介 
  • >  X線TVシステム 
  • >  SONIALVISION G4 消化器内視鏡用途向け新透視画像処理アプリケーションSUREengine FAST の開発

X線TVシステム

製品情報はこちら MEDICAL NOW

SONIALVISION G4
消化器内視鏡用途向け新透視画像処理アプリケーション
SUREengine FAST の開発
 
(株)島津製作所 医用機器事業部
齊藤 祐

はじめに

当社では,大視野・高画質FPDを搭載した透視撮影システムSONIALVISION G4(以下G4)を発売し,高い画質・操作性と,トモシンセシスや骨密度測定をはじめとする豊富なアプリケーションにより,さまざまな臨床用途で幅広くお使い頂ける装置として高い評価をいただいております(Fig.1)。
このたび,近年増加しつつある消化器内視鏡を使用した検査と手技に好適な透視画像と低被ばくを両立する新たな透視画像処理アプリケーション "SUREengine FAST" を開発しG4に搭載しました。本稿ではその内容をご紹介します。
SONIALVISION G4
Fig.1 SONIALVISION G4

SONIALVISIONは(株)島津製作所の商標です。
製造販売認証番号
224ABBZX00052000 据置型デジタル式汎用X線透視診断装置
[X線テレビシステム SONIALVISION G4]
据置型デジタル式汎用X線診断装置
X線平面検出器読取式デジタルラジオグラフ
二重エネルギー骨X線吸収測定装置
※本医療機器は複数の一般的名称に該当します。

ページトップへ
本サイトは医療従事者を対象としています。