X線TVシステム

MEDICAL NOW No.83

MEDICAL NOW No.83

チタンコートPEEK Cage Capstone PTCの使用経験
Initial experience of titanium-coated PEEK Cage Capstone PTC for MIS-PLIF
―第20回日本低侵襲脊椎外科学会学術集会―

岩井整形外科内科病院1,稲波脊椎・関節病院2
古閑 比佐志1,近藤 幹大1,金子 剛士2,横須賀 純一1,島袋 孝尚1,高野 裕一1,稲波 弘彦1,2

2017年7月27日~ 28日に札幌にて開催された第20回日本低侵襲脊椎外科学会学術集会において岩井整形外科内科病院 副院長 古閑比佐志先生より,当社X線TVシステムSONIALVISION シリーズに関する学術発表「チタンコートPEEK Cage Capstone PTCの使用経験Initial experience of titanium-coated PEEK Cage Capstone PTC for MIS-PLIF」が行われました。本稿では同ご発表内容の概要をご紹介いただきます。

目的

PEEK Cageは骨と近い剛性から,近年椎体間固定術に多用されるようになった。一方,従来から使用されているチタンCageはチタンの生体親和性が高く,癒合率という観点からはPEEKに劣る素材ではない。近年両素材の利点を生かしたチタンコートPEEK Cageが国内でも使用できるようになったので,当院でもその有用性を検討することとした。
Fig.1 に使用したcageを示す。このcageの特徴は表面にチタンの粒子を吹き付け,凹凸を付けたポーラス構造を持つことである。また,物理特性としてはチタンコーティングが無い場合に比べてそれぞれSlide testで2.7倍のfriction(摩擦)を持ち,Surface areaは5.5 倍である。また,動物実験ではfibrous tissue(繊維組織)の迷入が少ないことや,6週および24週後のBiomechanical strength(生体力学強度)が著しく強い。

Fig.1 チタンコートPEEK Cage Capstone PTC(Pure Titanium Coating)(Medtronic社)

Fig.1 チタンコートPEEK Cage Capstone PTC
(Pure Titanium Coating)(Medtronic社)

  • SONIALVISIONは(株)島津製作所の商標です。
製造販売認証番号
220ABBZX00261000 据置型デジタル式汎用X線透視診断装置[X線テレビシステム SONIALVISION safire17]