X線TVシステム

MEDICAL NOW No.85

MEDICAL NOW No.85

特別報告 2018年5月 第91回日本整形外科学会学術総会
当社トモシンセシスに関するポスター発表の概要をご紹介いただきます。
トモシンセシスを用いた寛骨臼形成不全診断の信頼性

順天堂大学 整形外科
越智 宏徳,馬場 智規,田邉 浩規,幡野 佐己依,尾﨑 友,本間 康弘,渡 泰士,松本 幹生,小林 英生,金子 和夫

はじめに

寛骨臼形成不全による関節接触圧の集中は軟骨変性の原因となる。また,寛骨臼形成不全の診断および治療方法は,寛骨臼の被覆の程度により異なるため正確な評価が重要である。しかし,寛骨臼形成不全の診断基準は撮影方法,肢位などにより必ずしも一致しない1) 2)。トモシンセシス(Tomosynthesis:Tomo)では立位や臥位などさまざまな体位・肢位で撮影が可能であり,一回の撮影で多数の断層像が得られるため,より詳細に骨梁構造の評価が可能である3)(Fig.1)。

TOMOSの特徴

Fig.1 島津製作所社製 X線テレビシステムSONIALVISION G4
立位姿勢でTomo(断層撮影)が可能

  • 参考文献
  • 1) Heijboer et al. Osteoarthritis and cartilage 2013
  • 2) Chadayammuri et al. Journal of hip preservation surgery 2015
  • 3) Tang et al. Skeletal radiology 2016
  • SONIALVISIONは(株)島津製作所の商標です。
製造販売認証番号
224ABBZX00052000 据置型デジタル式汎用X線透視診断装置
据置型デジタル式汎用X線診断装置
X線平面検出器読取式デジタルラジオグラフ
二重エネルギー骨X線吸収測定装置
[X線テレビシステム SONIALVISION G4]
  • ※本医療機器は複数の一般的名称に該当します。