X線TVシステム

MEDICAL NOW No.85

MEDICAL NOW No.85

特別報告 2018年5月 第91回日本整形外科学会学術総会
当社トモシンセシスに関するポスター発表の概要をご紹介いただきます。
橈骨遠位端関節内骨折におけるロッキングプレート術後の整復位の変化
-トモシンセシスによる評価-

相澤病院 整形外科
三村 哲彦(現,国民健康保険依田窪病院),山崎 宏,北村 陽,礒部 文洋,出田 宏和,小平 博之,清野 繁宏,小林 伸輔,北原 淳,伊坪 敏郎,薄井 勇紀,村上 成道

背景

ロッキングプレートは角度保持性があり整復位の保持が良好であることから,関節内骨折の治療に有用といわれている。しかし過去の報告は単純X線像(Xp)を用いた計測だけであり,術後の関節面の整復位が保持されているかどうかを評価した報告はない1)2)3)4)。CTは関節内の評価に優れているが5),被ばく線量が多いため代替検査が期待される。トモシンセシス(TS)は1回の撮影で数十枚の断層像が得られ,CTよりも被ばく線量が少ない。

  • 参考文献
  • 1)Wright TW, et al. J of hand surgery. 2005
  • 2)Stone JD, et al. J of hand surgery. 2015
  • 3)Kawasaki K, et al. official journal of the Italian Society of Orthopaedics and Traumatology. 2014
  • 4)Neuhaus V, et al. J of hand surgery. 2013
  • 5)Cole RJ, et al. J of hand surgery. 1997