X線TVシステム

医療専門誌

医療専門誌

デジタルトモシンセシスで拡がるX線撮影の世界

X線テレビシステムSONIALVISION safire17用オプション・トモシンセシスは、その有用性の高さから様々な領域で応用が拡がっています。月刊INNERVISION 2013年12月号に、このトモシンセシスが整形領域、骨軟部領域、耳鼻咽喉科領域、胸部領域で有効であった臨床例や評価などが掲載されましたのでご紹介します。

ご希望のお客様には本別刷をお届けいたしますので、「資料請求画面」からお申し込み下さい。

トモシンセシス

シリーズ新潮流

デジタルトモシンセシスで拡がるX線撮影の世界

II Clinical Report − デジタルトモシンセシスの臨床報告

整形外科領域における使用経験 【SONIALVISION safire】
加畑 多文 先生 ほか (金沢大学大学院医学系研究科機能再建学(整形外科学)講座)

骨軟部領域における使用経験 【SONIALVISION safire】
有泉 光子 先生 ほか (東京慈恵会医科大学葛飾医療センター画像診断部)

耳鼻科領域(人工内耳)における使用経験 【SONIALVISION safire】
平野 浩志 先生 (信州大学医学部附属病院放射線部)

胸部領域における使用経験 【SONIALVISION safire】
山田 祥岳 先生 (慶應義塾大学医学部放射線診断科)
小川 健二 先生 (日本鋼管病院院長・放射線科)

III Technical Report − デジタルトモシンセシスの技術報告

X線テレビシステムSONIALVISION safireシリーズにおけるトモシンセシスとT-smartの技術について
馬場 新悟 (島津製作所)