医院開業ガイド

導入事例[ユーザーズボイス]

コンピュータに詳しくなくてもちゃんと使える「使いやすい電子カルテ」 統合型電子カルテシステム SimCLINICシリーズ まつもと泌尿器科様(兵庫県)診療科目:泌尿器科 院長 松本 修 先生

使いやすさと画像ファイリングが決め手

Fig.1 SimCLINIC電子カルテ

以前,勤務していた病院は紙カルテ運用でしたが,私は見易さやわかり易さを重視し独自にパソコンで作成した所見を紙カルテに貼っていました。ですので,開業時にも迷わず電子カルテを導入しました。
展示場で何社かの電子カルテを見せてもらいましたが,使いやすそうだったのと,診療科別に専用のカルテ画面が用意されており希望に応じてカスタマイズしてもらえる点から,SimCLINICに決めました<Fig.1>。画像をファイリング・観察でき,カルテ情報と一緒に管理できる点も良かったです。また会計などの処理も簡単そうでした。
電子カルテを導入してみて,会計処理やレセプト処理も非常に楽ですね。また,患者さんから電話がかかってきてもID番号か名前を教えてもらえば,その場ですぐ検索ができ,分厚い紙カルテを繰ることなく患者情報がすぐわかるようになりました。

フリー入力とリスト式入力で短時間入力

入力はフリー入力することが多く,パソコンの短縮入力機能を利用し,例えば排尿困難だとH・Kと入力すれば出てくるようにしており,とても早く入力できます。それ以外はリスト式を使い,例えば初診の排尿症状の問診では,リストされた各症状の有無や程度をチェックしていけば,聞き漏らすことなく効率よく記録できます。また,尿量測定結果などは定型パターンを使い検査データを入力することもでき便利です。

伝言や診察ポイントが書ける便利なメモ機能

Fig.2 メモ機能

3種類のメモ機能がついており重宝しています。例えば,当日メモには受付でスタッフが「今日はお薬です」と入力すれば,私に伝わります。また患者メモには次回の情報,例えば「次回は検尿前に超音波をする」と予約時に予め診察状況モニタから入れておけば,それを見て看護師が対応でき便利です。
ポップアップで出てくるメモには時間のある時に検査結果や薬の禁忌などを書き込んでいます。メモや経過をまとめて書けるものが少ないなかで,この機能を使えば診察のポイントもわかりやすく便利です<Fig.2>。

画像ファイリング機能でペーパレス運用

CRと超音波をLAN接続し画像ファイリングしています。その他に膀胱鏡の画像をフラッシュメモリで取り込め便利です<Fig.3>。また,紹介状や他院からの書類はスキャナで取り込むとともに返事も作成でき,ペーパレス運用をしています。患者さん毎に画像情報がリスト表示され履歴がわかりやすいですね。DICOM画像ビューアでは拡大や縮小の他,過去画像と現在画像を左右で比較して使っています。
Fig.3 画像ファイリング機能

簡単なシェーマ編集と検査画像貼り付け

Fig.4 検査画像貼り付け

レントゲン検査後にはシェーマ上にイラストを描いたり,コメントを書き込んで記録を残しており,一見して症状がわかります。シェーマ上に文字を書き込むことができ,シェーマごと自由に動かせて良いですね<Fig.1>。
また,紹介状に画像をドラッグ&ドロップすれば簡単に貼り付けられ,よく使います。カラー印刷すれば,画像の出力を紹介状に別につけなくてよく便利です<Fig.4>。

困った時はサービスセンターが解決

私だけでなくスタッフもサービスセンターを頻繁に利用します。会計の仕方や保険の種別,その他ちょっとした使い方など何かと尋ねられていいですね。説明で解らない時や万が一の時はリモート操作も受けられとても便利です。

導入をお考えの先生への一言

コンピュータに詳しくなくてもちゃんと使える「使いやすい電子カルテ」です。また,サポートがしっかりしている点は声を大にして言えます。サポートがしっかりしていないと困りますからね。

ページトップへ

本サイトは医療従事者を対象としています。