医院開業ガイド

導入事例[ユーザーズボイス]

「診察室をシンプルに」 機能が1台に凝縮されたオールインワンカルテ

「地域のかかりつけ医」を目指して開業を決意

Fig.1 シンプルにレイアウトされたカルテ画面

勤務医時代には主に急性期の医療に携わっておりましたが、私自身は慢性期の治療も非常に重要だと思っておりました。自分のめざす医師像として「地域のかかりつけ医」というものがありましたので、その思いを実現する為に、縁あって今の場所に開業しました。高齢者が多い地域ですので往診、訪問診療にも力を入れています。勤務医時代に電子カルテを利用しており、その有用性は充分理解しておりましたので、開業にあたっては始めから電子カルテの導入を考えました。電子カルテのメリットは、過去カルテを含む必要データを瞬時に引き出せる点、患者さんの来院状況を簡単に把握できる点ですが、SimCLINIC T3は充分に要求を満たしています。

多機能なのに「シンプル」 診察机がスッキリして使い勝手も満足

Fig.2 電子カルテと病診連携端末が並んでもスッキリした診察机

導入検討に際して展示会で他社のカルテも見ましたが、SimCLINIC T3の画面が最もシンプルできれいでした。多機能であればあるほど画面上にボタンやメニューが増えて見にくくなるものですが、SimCLINIC T3はDICOM画像ビューアを標準装備するなど非常に多機能なのに、シンプルでコンパクトなのがとても印象的でした。
私は、病診連携を進めており、その専用端末も設置する必要がありましたので、診察机の上にはできるだけ物を置きたくありませんでした。SimCLINIC T3はDICOM画像ビューア内臓で画像も同じモニタ上で観察できるため、他社に比べモニタがひとつ少なくて済みます。モニタサイズも24インチと大型のため、必要な情報が一覧でき画質も良いので、患者さんからも「きれいで見やすいカルテですね」と言われます。モニタ表示の美しさも重要ですね。

用途に応じ3つのメモ機能を使い分けて活用

Fig.3 [当日メモ][診断メモ](上部)とフリーメモ(下部)

診察状況モニタの診察メモ、当日メモをよく使います。診察メモは定期検査の時期や内容、特別な処置、処方などを忘れないよう覚え書きに使っています。診察状況モニタは看護師も見ますので、2重3重のチェック機能が働くようになりました。当日メモは受付への連絡用として、本日行うべきことなどを入力しています。診察状況モニタ以外にもカルテ側にフリーメモ機能があり、留意点を入力して診察時に必ず目を通します。「当日メモ」「患者メモ」「フリーメモ」の3つを用途に応じて使い分けています。

簡単なセット登録機能で診察効率がアップ

Fig.4 セット登録が簡単なオーダーパレット

本日カルテ、過去カルテの表示位置が設定により変更できるので便利です。カルテ入力は患者さんの言葉をより詳しく入力する為に、キーボードを使ったフリー入力とリスト選択式を組み合わせています。また、来院リストで履歴の確認が簡単に行えるのが非常に便利です。オーダーパレットの操作も快適で、特によく使うセットも自分で簡単に登録して利用しています。薬剤の処方・病名チェッカーもよく使います。すべての端末で利用できますので、スタッフがチェックしてフィードバックをもらうこともしばしばです。これによりレセプト時の作業が早く終わります。

文書のフォーマット登録や作成がとても簡単

Fig.5 様々な文書が登録されている文書リスト画面

必要とされる様々な文書を作成するのは、大変な業務量です。SimCLINIC T3では紹介状や診断書、健康診断、主治医意見書などの新規文書フォーマットの追加、修正が簡単で、非常に助かっています。文書作成時には基本情報が自動的に挿入されますので、入力も楽になりました。勤務医時代を考えると非常に便利になりました。インストラクターや電子カルテサービスセンターのリモートメンテナンスも親切ですし、サービスマンの対応も迅速です。


Fig.6 システム構成図

導入をお考えの先生への一言

必要な機能が標準装備されています。多機能なのに、「スッキリ」「シンプル」「きれい」な電子カルテです。診察室をすっきりさせて使いたいという方にSimCLINIC T3はお薦めです。診察机の上がすっきりしていると気分も良くなります。

ページトップへ

本サイトは医療従事者を対象としています。