医院開業ガイド

導入事例[ユーザーズボイス]

充実した機能、高いカスタマイズ性、安心のサポートで電子化のメリットを実感

将来のことを考えて電子カルテ導入を決定

電子カルテは勤務医時代から使っており抵抗はありませんでしたが、導入については正直なところ迷いました。紙カルテですと自分の筆跡がそのまま残りますので、記入時の状況がすぐに思い出せます。これはとても重要な事だと思っています。しかし、この仕事を長く続ける上で、その間に蓄積されていくカルテやX線フィルム、各種資料の保管や検索の簡便さなど将来のことを考えますと、電子化のメリットが大きいと考え、電子カルテ導入を決定しました。

画像ビューア標準装備は大きなメリット

Fig.1 画面ビューア表示時のカルテ画面

SimCLINIC T3を評価した点は、同一モニタ上でカルテとX線画像を同時に見ることができること、カルテ入力画面のカスタマイズ性が高いことでした。
小児科ですので、多くのX線画像を撮るわけではありません。しかし、同一画面で画像を患者様に見せることができると、わかりやすい説明ができますので、患者様の満足度と言う点で大きなメリットがあります。SimCLINIC T3ではDICOM画像ビューアが標準装備されていますので、使い勝手がとても良好です。例えば、DICOM画像を簡単にカルテ画面に貼付できる機能があります。画像ビューア上で確認したオリジナル画像にコメントを書き込み、コメントごとカルテに貼付ることもでき、シェーマ代わりに使えてとても便利です。さらに貼付画像をクリックすればオリジナルのDICOM画像を呼び出すことも可能です。

ニーズを満たす高いカスタマイズ性

Fig.2  画面のカスタマイズ例

カルテ画面は私のニーズにあわせてカスタマイズができ満足しています。画面のサンプルが充実していますので、そのままの利用も可能ですし、それをベースにカスタマイズもできます。また、目的別の入力画面を追加することも可能です。さらに画面の切り替えも簡単ですので、運用に合わせて使い分けができます。

検索機能に優れたオーダーパレットでストレスのない入力を実現

Fig.3 検索機能に優れたオーダーパレット

薬は人によって効果が異なるもので、年齢や体重で一律で決まるものではありません。ですのでオーダー入力時、検査はセット化していますが、処方についてはセット化せず、一人ひとりの状況を確認しながら薬を一つひとつ入力しています。オーダーパレットは任意の文字列で薬の検索が可能ですので、必要な薬をストレスなく検索できます。柔軟な処方を行いたい場合も、何ら問題なく運用できます。
また、処方・病名チェッカーは便利なので良く使います。病名漏れや相互作用チェックが確実に行えますので安心です。薬剤などの更新情報の提供が迅速な点も助かっています。

診察を支える多彩な機能

Fig.4 情報共有に有効な診察状況モニタ

診察状況モニタのメモ機能をよく使います。小児科ですので、予防接種の接種状況などを記載したり院内の患者様の状況確認に使っています。すべての端末で確認できますので、スタッフとの情報共有に有効です。来院リストは来院回数が多い患者さんの履歴を検索する際に威力を発揮します。文書作成機能もよく使っており、多くの文書雛形を準備できますので、助かります。

リモートメンテナンスで安心サポート

幸い大きなトラブルもなく、過去に電子カルテサービスセンターに連絡した際にも、その場で問題を解決してもらい、非常に助かりました。電子カルテを評価するにあたって最も重要なのはサポートだと思います。使い勝手も重要ですが、使用中に何かトラブルがあった場合に、いかに迅速に対応、復旧できるかが鍵になります。リモートメンテナンスは迅速なサポートが受けられますので安心です。


Fig.5 システム構成図

導入をお考えの先生への一言

診療科によって画像撮影枚数は異なりますが、カルテと画像の連携機能は必須です。SimCLINIC T3には画像ビューア機能が標準装備され、カルテとの連携も非常に優れています。サポートもしっかりしていますので、安心して使用できる電子カルテです。

ページトップへ

本サイトは医療従事者を対象としています。