医院開業ガイド

導入事例[ユーザーズボイス]

画像ビューア 一体型の優れた連携機能と自分でできる処方セット登録機能で使いやすさアップ 院長 中島 祐介 先生

DICOM画像ビューア 一体型の優れた操作性

Fig1. キーボードとマウス一つですっきり

医院継承、建替えを機に電子カルテを導入しました。以前に勤務していた病院でも電子カルテを使用したことはありましたが、診療所向けのものを使用するのは初めてでした。
SimCLINIC T3 に決定した最大の理由はDICOM画像ビューア一体型という点でした。数社のシステムを見学しましたが、SimCLINIC T3 がモニタ、本体、キーボード、マウスがそれぞれ一つで電子カルテと画像ビューアを利用でき、一番すっきりしていました。来院リスト上の検査履歴をクリックするだけで検査画像が表示できる画像連携も非常に軽快で好印象でした。
画面デザインも見やすくきれいでした。使い始めてわかることですが、電子カルテは長時間使うものですので、デザインは重要な評価点となります。デュアルモニタで利用していますが、便利だと実感しています。カルテと撮影画像を並べて見ることはもちろん、カルテと作成文書を並べて表示するなど便利に利用しています。

自分で出来る処方セット登録機能なども便利

Fig2. 自分でできる処方セット登録

処方セットの登録、修正が自分自身で簡単に行えます。当院は処方セットが多く、薬剤の変更があると修正作業が必要になりますが、操作が簡単なので自分で行っています。電子カルテは自分が使うものですから、重要事項の変更を自ら行えることも重要な評価点でした。
また、院内・院外の文書管理も重要な作業です。思いの外「書類」を持ってこられる患者さんは多いもので、それらの書類をスキャナで簡単に保存できる機能は便利です。以前は紙のコピーを残しており、その保管は大変でした。今ではハードディスクに省スペースに保存でき、検索も簡単になり助かっています。院内で作成する文書を簡単に追加保存できる点も非常にありがたいです。さらに過去に作成した文書の再利用も可能なので助かっています。

診察状況モニタのメモ機能を有効活用

Fig3. 患者さんの状況が一目でわかる診療状況モニタ

診察状況モニタの患者メモを便利に使っています。特にリハビリ内容と予約内容を必須で入れており、カルテを開かなくても状況が一目でわかります。当日メモには、来院目的を入れています。診察室にいると待合室の混み具合は見えませんので、診察状況モニタを見て把握しています。

テンプレート入力方式とフリー入力方式を組み合わせて利用

患者様は診察時に色々な表現で症状を訴えられますので、テンプレートに当てはまらない場合が多く、カルテ入力もテンプレートから選択するよりキーボードでフリー入力する機会が多くなりました。その際の入力も苦もなく使えます。

FPDとの連携で画像ビューア 一体型のメリットを最大限に発揮

Fig4. FPDシステム

現在FPDシステムを利用していますが、電子カルテとの連携は非常に良好です。患者様からは、撮影後すぐに画像が見られると、とても喜んでいただいております。紙カルテ時代にフィルム運用していた時はデジタル画像に不安もありましたが、安定した画像で安心しました。

しっかりサポートでコンピュータ初心者も安心

電子カルテ導入時に最も心配したのが、スタッフが使いこなせるかということでした。コンピュータを使ったことがないスタッフばかりで抵抗が大きかったからですが、幸い取り越し苦労に終わりました。インストラクターに親切に指導していただいたおかげで、無理なく使いこなしています。導入当初は入力ミスや画像の取り込みミスが多くありましたが、今ではミスも減り便利になったとみんな喜んでいます。システムトラブルは少なく、万が一発生した場合でもリモートメンテナンスで迅速に対応してもらい満足しています。 Fig5. システム構成図

導入をお考えの先生への一言

X線撮影を行う医院であればDICOM画像ビューア一体型をお薦めします。特にデュアルモニタにしてマウスとキーボード一つで操作できる点は有効です。電子カルテは自分が最も使うものですから、重要項目を自分自身で修正できる操作性も重要です。

ページトップへ

本サイトは医療従事者を対象としています。