>> DICOM適合性宣言書血管撮影システム

Trinias C16/C12/F12 unity smart edition 血管撮影システム
文献紹介はこちら

高度な治療をアシストするスマートデザイン

Trinias series unity smart editionは、スマートなデザインのハードウェアと効率的なワークフローを実現するオペレーティングシステムの組合せにより、高度な治療を支援します。
ラインナップ

すべてがもっとうまくできる

術中に必要な機能切り替えから画像選択まで全ての画面操作をタッチパネルに集約しました。表示内容はカスタマイズでき、さらにグルーピングして色分けすることもできます。術者の意のままに、一歩先のハイレベルな術中手技・手法をサポートします。
多様な機能を集約可能なタッチパネル(写真上)と
グルーピング例(写真下)

また、GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)を見やすく一新し、術者の見ているモニタにポジショニング情報や線量情報などを集中して見やすく配置することで術に集中していただけます。

DSAのための新補正技術Flex-APS

リアルタイムDSAで、観察部位のねじれなど動きによる3次元的なミスレジストレーションを自動補正します。血管の視認性が向上し再撮影の手間が低減できます。

下肢全域を見やすく表示SCORE Chase*

動きに強いリアルタイムDSAであるSCORE RSMを撮影後、瞬時に自動でつなぎ合わせて表示できます。

拍動で動くStentを固定表示 SCORE StentView*

拍動で動くStentを後処理でなくリアルタイムで固定表示可能なアプリケーションStentViewは、まさにPCIを支援するためだけに開発されたソフトウェアです。Stentをオーバーラップさせる際や、Stent内でのBalloon再拡張実施時の位置関係把握に威力を発揮します。更に、複数マーカーでの自動検出を可能にしたROI指定機能により検出効率を高め検査時間の短縮に寄与します。

デバイスの視認性が向上SCORE StentShot*

ステントを強調し画像ノイズを大幅に低減することで、X線を増加することなくステントの視認性を更に向上させます。

*オプション



Triniasは(株)島津製作所の商標です。
製造販売認証番号
224ABBZX00053000 据置型デジタル式循環器用X線透視診断装置 [血管撮影システム Trinias]

ページトップへ
本サイトは医療従事者を対象としています。