PETシステム

製品情報はこちら資料請求はこちらMEDICAL NOW

〈79号 2016年3月発行〉

PET/MR 総合検診施設における
乳房専用PET 装置(Elmammo)の
使用経験

ミッドタウンクリニック東京ベイ
(ハイメディック東京ベイ画像診断センター)
日本医科大学 放射線医学
小林 靖宏 先生
小林 靖宏 先生

〈78号 2015年8月発行〉

乳房専用PET 装置
Elmammo®(エルマンモ)の使用経験

社会医療法人厚生会
木沢記念病院 放射線科
西堀 弘記 先生 ほか
西堀 弘記 先生

〈77号 2015年3月発行〉

新しい乳房検査装置の登場
− 乳房専用PET装置 Elmammo®(エルマンモ)−

(株)島津製作所 医用機器事業部
佐藤 友彦

〈75号 2014年2月発行〉

PET マイクロドーズ臨床試験への道

大阪大学大学院医学系研究科
核医学講座 教授
畑澤 順 先生
畑澤 順 先生

〈71号 2012年2月発行〉

おかやまメディカルイノベーションセンター(OMIC)設立と展望

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産学官連携センター
教授・副センター長
松浦 栄次 先生
櫻井 実 先生

〈69号 2011年3月発行〉

重粒子線がん治療の現状と今後の展望

群馬大学 重粒子線医学研究センター
大野 達也 先生
櫻井 実 先生

〈68号 2010年7月発行〉

エンハンスリコンパッケージの導入と臨床応用

日本医科大学健診医療センター
櫻井 実 先生
櫻井 実 先生

〈67号 2010年2月発行〉

日本でのアルツハイマー病研究の動き
〜J-ADNIにおける
PET検査の重要性と今後の展望〜

東京都健康長寿医療センター研究所
附属診療所
石井 賢二 先生
石井 賢二 先生

〈65号 2009年2月発行〉

分子イメージング研究における
PETの現状と今後の展望
〜アルツハイマー病への応用を中心に〜

東北大学大学院医学系研究科機能薬理学分野
谷内 一彦 先生
谷内 一彦 先生

〈62号 2007年7月発行〉

分子イメージング時代の幕開け

京都大学医学研究科放射線腫瘍学・画像応用治療学分野 教授
京都大学ナノメディシン融合教育ユニット ユニット長
平岡 真寛 先生
平岡 真寛 先生

〈61号 2007年3月発行〉

分子イメージングへの取組み−島津の今後の展開−

(株)島津製作所 経営戦略室
清水 公治

〈60号 2006年10月発行〉

分子イメージング研究
−日本における学会設立と分子イメージングの現状・将来−

日本分子イメージング学会・会長
アジア分子イメージング学会連合・事務局長
福井大学高エネルギー医学研究センター・センター長
放射線医学総合研究所分子イメージング研究センター・副センター長
藤林 靖久 先生
藤林 靖久 先生

PETを用いた分子イメージング研究の推進

理化学研究所フロンティア研究システム・分子イメージング研究プログラム
プログラムディレクター
大阪市立大学大学院医学研究科・システム神経科学 教授
渡辺 恭良 先生
渡辺 恭良 先生

〈58号 2006年2月発行〉

薬剤のデリバリーを受けたPET検査(速報)

済生会下関総合病院
健診センター,放射線科
谷 茂樹 先生
谷 茂樹 先生

〈57号 2005年10月発行〉

分子イメージング研究に向けた
高感度・高分解能PET用検出器の開発

放射線医学総合研究所 医学物理部
村山 秀雄 先生
村山 秀雄 先生

Eminence-B の使用経験 -導入から1年が経過して

特定医療法人 厚生会
木沢記念病院 放射線科
加古 伸雄 先生
加古 伸雄 先生

〈56号 2005年7月発行〉

新型PET装置 Eminenceにおける
外部線源における被ばく線量の検討

先端医療センター 映像医療研究部
松本 圭一 先生
松本 圭一 先生

全身用PET装置 Eminenceシリーズに搭載された
“SYNETRAC”機構の紹介

(株)島津製作所 医用機器事業部
佐藤 友彦

〈55号 2005年2月発行〉

新型PETシステム「Eminence-G」の使用経験
〜遅延画像の有用性について〜

ゆうあい会ゆうあいクリニック
診断部
川本 雅美 先生
川本 雅美 先生

〈54号 2004年10月発行〉

分子イメージングの現状と将来

京都大学医学研究科 教授
京都大学医学研究科附属高次脳機能
総合研究センター センター長
脳機能イメージング領域
福山 秀直 先生
福山 秀直 先生

〈51号 2003年7月発行〉

Cover Feature
次世代PET装置開発プロジェクトについて

放射線医学総合研究所 医学物理部
村山 秀雄 先生
村山 秀雄 先生

製品情報はこちら資料請求はこちら医療専門誌

ページトップへ
本サイトは医療従事者を対象としています。