近赤外光カメラシステム

近赤外光カメラシステム LIGHTVISION
特 長
光で映す血管・リンパ管
高精細画質で手術を正確にナビゲート
手術に集中していただける抜群の操作性

光で映す血管・リンパ管


光を用いたイメージング ICG蛍光法

近赤外光カメラシステムは、血管・リンパ管等に投与した薬剤(インドシアニングリーン:ICG)に励起光を照射し、ICGから発生する微弱な近赤外蛍光を画像化することにより、組織表面下の血管やリンパ管の観察を可能にするシステムです。この手法はICG蛍光法とも呼ばれています。

光を用いたICG蛍光イメージング


血管やリンパ管の動体把握が可能

ICG蛍光法は手術中にリンパ管の同定や血流の確認などが短時間で容易に行えるため注目を集めており、特に乳がん手術時にセンチネルリンパ節を迅速に同定できる点において有用性が認められています。 血管やリンパ管の動体把握が可能

画像提供:高知大学医学部附属病院乳腺センター様

ページトップへ

高精細画質で手術を正確にナビゲート


高精細なハイビジョン画質

ハイビジョンセンサを搭載しており高精細画像表示が行えます。これにより蛍光を発する血管・リンパ管を明瞭に確認できるとともに、周囲組織や手術器具との位置関係を解像度の高い画像で確認しながら手術が行えます。

大型モニタに明瞭に表示可能

既設の大型モニタで表示した場合も十分な高解像度で画像表示することができます。離れた場所にモニタを設置しても確認が行えるため、手術スタッフ全員での情報共有もスムーズに行えます。

モニタは本製品には含まれません。既設のものをご使用いただくか、担当者にお問い合わせ下さい。

表示例:乳癌センチネルリンパ節の同定


ひと目でわかる3画面同時表示

モニタには可視画像、近赤外蛍光画像、可視+近赤外蛍光画像の3画面を同時表示できます。周囲組織と対比させながらICGの光る部分を確認することができますので、切除範囲の決定にも有効です。 画面レイアウトも変更可能です。

血管やリンパ管をわかりやすく色変更可能

近赤外蛍光画像の色を白の他、周囲の組織や血液・体液の光の反射と区別しやすい緑や青に変更することができ、血管やリンパ管の把握が行いやすくなります。

表示例:乳がんセンチネルリンパ節同定及び切除


明るい部屋で撮影可能

手術室の照明を点けたままで撮影が行えますので、患部と撮影画像の比較が行えます。
*無影灯は消灯いただく必要があります。
明るい部屋で撮影可能
ページトップへ

手術に集中していただける抜群の操作性


ハンズフリーで撮影可能

自立型伸縮アームの採用により、ハンズフリーで使用できます。手術スタッフの負担を低減するとともに、手ぶれのない画像表示を可能にします。 ハンズフリーで撮影可能

ワイドなカメラの可動範囲

アームを最大約180cmまで伸ばすことができますので清潔エリアから離れた場所に本体を設置できるとともに、手術室や周辺機器の状況に応じて最適なレイアウトが行えます。 ワイドなカメラの可動範囲

自由なカメラポジショニング

完全バランス方式のアームにより、思いのままのカメラ高さと角度で素早くポジショニングすることができます。手術の種類や患部の状況に応じて最適なカメラ位置で撮影が行えます。 自由なカメラポジショニング

術野作業に必要なワーキングディスタンスを確保

高輝度光源と高感度画像センサ搭載によりワーキングディスタンス(術野〜カメラ間距離)約50〜70cmを保ちながら撮影可能です。術野作業を行いながら、同時に撮影を行っていただけます。 術野作業に必要なワークディスタンスを確保

本体側から小型モニタで画像確認可能

本体に操作者が本体側で操作確認や画質調整を行うための小型モニタを設置しました。 本体側から小型モニタで画像確認可能

リモコンでカメラ調整可能

リモコンによるカメラ調整が可能です。リモコンには露出・フォーカス・ホワイトバランスの3つの自動調整機能を備えており、最適な画像表示がすばやく行えます。 リモコンでカメラ調整可能

移動や位置調整が行いやすい本体

手術室間の移動が安定して行える本体設計です。手術室内での位置調整が行いやすいように前後にハンドルを設けています。 移動や位置調整が行いやすい本体

視野調整可能なリモート雲台(オプション)

リモコン操作でカメラの角度調整が行えるリモート雲台オプションをご用意しています。本体から離れた場所でカメラの視野を調整し、関心領域を表示することができます。 視野調整可能なリモート雲台(オプション)

LIGHTVISIONは株式会社島津製作所の登録商標です。
製造販売届出番号
26B1X00003000264 可搬型手術用顕微鏡 [近赤外光カメラシステム LIGHTVISION]

ページトップへ
本サイトは医療従事者を対象としています。
本ページには手術中の臨床画像が含まれます。
表示する