X線TVシステム

国内初。X線テレビシステム搭載 骨密度測定アプリケーション

消化管や泌尿器検査から、脊椎・下肢領域での整形外科分野まで多目的に画像診断をサポートするX線テレビシステムSONIALVISION G4 LX editionに、国内では初めて骨密度測定アプリケーション[Smart BMD] をオプション搭載しました。腰椎および(または)大腿骨近位部をスキャンすることで簡単にDXA 法による骨密度測定が可能です。

※DXA法:二重エネルギーX線吸収測定法(dual-energy X-ray absorptiometry)は、エネルギーレベルの異なる二つのX線を検査対象に照射して、それぞれのエネルギーがからだの組織によって吸収率が異なることから、検査対象の組成を測定する方法で、骨密度測定の標準方法として重視されています。

1台で2 役、X 線テレビシステムで画像診断と骨密度測定が可能

骨密度測定と、圧迫骨折などの脆弱性骨折の有無や骨の変形等の画像診断が、患者さんを移動させることなく一連の検査のなかで行えます。移動時間がないため検査時間を短縮でき、検査効率の向上とともに、患者さんの負担も軽減します。

大腿骨セグメンテーションにおける現状の課題解決

  • 安定した経過観察に重要なセグメンテーションの精度向上
  • 特に骨密度が低い箇所での領域抽出の精度向上
  • ユーザーによる手動修正の精度向上
*Smart BMD AI Assist に採用しているAI(人工知能)技術は,自ら学習を繰り返すタイプのAIではありません。
*大腿骨のセグメンテーションをアシストする機能です。

短時間で精度よく測定が可能

Smart BMD では、腰椎および(または)大腿骨近位部で細いX線幅のファンビームで、それぞれ10 秒スキャン(9 インチ視野時)するだけで骨密度計測が可能です。
高精細・高感度の最新フラットパネルディテクタ(FPD)で歪の少ない計測により、高い再現性を実現しました。

寝台昇降で患者さんの負担を軽減

寝台高さは、47cm まで下げることができます。低い位置で簡単に乗り降りができるため患者さんの負担を軽減できます。

透視機能で位置決めが簡単

測定部位を合わせた後の位置調整は、モニタに表示させる透視画像にて、確認できます。骨どうしが近接していて、位置設定が困難な患者さんでも、簡単・スピーディーに設定でき、測定の再現性も向上します。

レポート形式で見やすく表示・記録

測定結果は、レポート形式にて見やすく表示できます。
また腰椎正面と大腿骨近位部の測定など複数の測定結果を1つのレポートに統合して表示することもできるため画像データと共に総合的な結果分析などに活用いただけ、結果の管理も効率よく行えます。

  • SONIALVISION は株式会社島津製作所の商標です。
製造販売認証番号
224ABBZX00052000 据置型デジタル式汎用X線透視診断装置 [X線テレビシステム SONIALVISION G4 LX edition]
据置型デジタル式汎用X線診断装置
X線平面検出器読取式デジタルラジオグラフ
二重エネルギー骨X線吸収測定装置
  • ※本医療機器は複数の一般的名称に該当します。