急性期医療

急性期医療

 

急性期医療で重要となる迅速で的確な診断と治療のために、豊富で即時性の高いアプリケーションや、低線量・高精細の画像表示、治療に専念できるシンプルな操作性を備えた血管撮影システムをご用意し、インターベンション治療を支援します。また治療後の患者様ができるだけ普段の生活を取り戻せるよう、回復期のリハビリテーションをサポートする新たな技術の提供にも取り組んでいます。

 

※1:本製品は研究用です。医薬品医療機器法に基づく体外診断用医薬品あるいは医療機器として承認・認証等を受けておりません。治療診断目的およびその手続き上での使用はできません。
※2:研究開発中の技術紹介であり、治療診断目的及びその手続き上での使用はできません。製品として販売授与できません。

臨床用

血管撮影

動きに強いリアルタイムイメージガイダンスを中心に、豊富で即時性の高いアプリケーションが急性期のインターベンション治療を支援します。術前CT/MRI、血管撮影システムによる3D画像を撮影できないような緊急治療にも、治療に必要なイメージガイドをリアルタイムに低線量・高画質で提供します。また人間中心設計により最適化された操作環境は、シンプルで煩わしさが無く、緊急の治療にも集中していただける環境を提供します。

血管撮影システム 

Trinias series unity edition

救急時、即時に画像観察が行えるよう、コンパクトで運搬・セッティングが容易、かつ透視下での即時画像観察が可能な可搬型Cアーム透視システムをご用意しています。完全手動方式で思いのままに素早く位置決めできるため、直感的な操作性で迅速・的確な処置をサポートします。

外科用X線TVシステム

OPESCOPE ACTENO

技術紹介

fNIRSによる回復期リハビリ支援

脳血管疾患が起因とされる麻痺症状において、発症早期の適切なリハビリ開始が重要と言われています。近赤外光イメージング(fNIRS)はリハビリ前後の脳活動の変化をモニタリングし、その効果を可視化する新しい技術です。患者様に最適なリハビリ方法の選択や、患者様自身のモチベーションのアップにより、効果的なリハビリを支援します。

近赤外光イメージング装置

SMARTNIRS

近赤外光イメージング装置

SPEEDNIRS

※研究開発中の技術紹介であり、治療診断目的及びその手続き上での使用はできません。製品として販売授与できません。

技術紹介

NIRSニューロリハによる運動機能の訓練支援

NIRSニューロリハは、近赤外光イメージング装置と当社独自のニューロフィードバックを組み合わせた、新しいリハビリテーションです。ニューロフィードバックとはNIRSなどの脳機能計測機器により、計測・解析した脳の活動状態を、リハビリ中の患者様に対して提示することで、患者様自身に脳活動を意図的に変化させ、特定機能を回復・訓練する方法です。
これにより脳の活動状態がリアルタイムに提示でき、脳活動の意識的な制御による運動機能の効率的な訓練を促します。特に脳卒中リハビリ中の患者様に対してのリハビリ効果が期待されています。

NIRSニューロリハについて

※研究開発中の技術紹介であり、治療診断目的及びその手続き上での使用はできません。製品として販売授与できません。