医院開業ガイド

電子カルテ

Sim CLINIC[シリーズ]

1. 診療所の規模、運用、予算などから、どの程度の電子化を行うかを決定します。

設備投資 メリット 構成例
電子カルテ+画像ファイリング レセプト・会計機能の省力化+検査画像の電子保存 構成例へ→
電子カルテ+画像ファイリング+高精細画像表示用モニタ レセプト・会計機能の省力化+検査画像の電子保存+高精細画像表示 構成例へ→
画像ファイリング 検査画像の電子保管 構成例へ→
  1. 画像ファイリングを導入する場合は、接続モダリティー、接続方法(DICOM、ビデオキャプチャ、フィルムスキャナ、デジカメなど)を明らかにします。
  2. リモートメンテナンスに使用するブロードバンド回線を確保してください。
  3. 端末間はLANケーブルで接続しますので建築設計に配慮してください。
  4. 電子カルテ稼動までのスケジュールは こちら をご参照ください。
外観写真
電子カルテSimCLINIC T3、SimCLINIC View 診察室端末(カルテ) 受付端末(レセプト) 総合型電子カルテシステム SimCLINIC T3 画像ビューアシステム 原画像保存対応画像ファイリングシステム SimCLINIC View

ページトップへ

本サイトは医療従事者を対象としています。