X線画像・局所血液分析結果融合記録AVS支援システム(研究用途向)

AVS支援システム(研究用途向)

本製品は研究用です。医薬品医療機器法に基づく体外診断用医薬品あるいは医療機器として承認・認証等を受けておりません。治療診断目的およびその手続き上での使用はできません。

AVSのワークフロー効率化をサポート

AVS(副腎静脈サンプリング)において、優れたユーザビリティを有するAVSsolutionにより迅速な測定が可能になり、Sampling Viewerで参照画像としてX線画像(DICOM)とその採血位置の情報を含むAVSレポートを作成することで、ワークフローの効率化をサポートします。

AVSのワークフロー効率化をサポート

X線画像と分析結果を融合記録

血管撮影システムからのX線画像に対し、検体容器のID情報(バーコード)と採血位置を融合記録することで、分析進捗状況やレポート作成が容易に行えます。

X線画像と分析結果を融合記録

人的エラーを防止するSampling Viewer(for AVS)

X線画像と検体容器のID情報との紐づけをバーコードで行えば、LCMSの測定結果が自動的に採血位置に反映されます。その場で適切な記録が自動でなされるため人的エラーの防止にもつながります。また、レポート機能や測定状況の色分け機能によりAVSワークフローの効率化を支援します。

Sampling Viewer(for AVS)

データ提供:東北大学大学院医学系研究科 様