JRC2018国際医用画像総合展 島津ブースレポート

2018年4月

本展示会は終了しました。
多数のご来場、誠にありがとうございました。

JRC2018 国際医用画像総合展 島津ブースレポート

島津のX線画像診断機器はその世界戦略や製品展開などをご評価いただき、米国の大手グローバル調査・コンサルティング会社フロスト&サリバン(Frost & Sullivan)社から「2017 Global General Radiography Product Line Strategy Leadership Award」を受賞しました。ITEM2018ではこれらの製品に多数の新製品を加えご紹介しました。
また、島津のもう一つのコア技術である分析計測技術の臨床応用・貢献や、医用画像技術と分析計測技術の融合による新たな取り組みもご紹介し、2つのコア技術で、予防から診断、治療、そして予後まで、人々の一生を通してヘルスケアに貢献することを目指す弊社の姿勢と最新システムを多くのお客様にご高覧いただきました。

出展機器レポート

出展機器

血管撮影システム Trinias C16 unity edition NEW

低侵襲治療を支援するTriniasシリーズの最新バージョンunity editionから、天井走行タイプの16×12インチFPD搭載システムとチルト・ローリングが可能な多機能SMART Tableを出展しました。広い視野と多彩なポジショニングで全身の治療を支援する本システムでは、画像とテーブルの連携機能(オプション)により、画像の関心領域に合わせてSMART Tableが自動的にポジショニングされる機能に注目が集まりました。 また頭部・四肢DSAにおける、ひねりやねじれ方向の体動をリアルタイムかつ非線形に補正する新技術Flex-APSをご紹介しました。従来よりもさらに効果的なアーチファトを低減できる点を臨床画像でお確かめいただきました。
その他、フルスクリーン表示による視認性向上を実現したPCI支援アプリケーションSCORE StentView(オプション)や、リアルタイム逐次加算処理で術後のステントの視認性を更に高めるSCORE StentShot(オプション)など、治療の更なる安全性向上や治療時間短縮に寄与するアプリケーションについても臨床画像でお確かめいただき、高い評価を頂きました。

島津ブース風景

回診用X線撮影装置 MobileDaRt Evolution MX8 version NEW

国内外での高い納入実績を更新し続けるMobileDaRtシリーズが、伸縮式支柱へと大幅にモデルチェンジしまし、これまでの安定した走行性に加え、支柱を収納することで視界も広がり、回診が一層スムーズに行えます。また19インチのフルフラット大型モニタを採用しており、検査時に見易くまた、お手入れも行い易くなりました。この最新装置を数タイプのDR・FPDバリエーションにてご用意した展示コーナーは、常に大勢のお客様で賑わいました。
DR一体型による高い信頼性や、豊富な種類のDR・FPDからご施設のご要望に沿ったタイプをお選びいただける高い柔軟性などが支援され、シリーズとして全世界で3,500台を突破しました。多くのご施設で得られたユーザー様の声を、今後も信頼いただける製品開発へと活かして参ります。

島津ブース風景

医療施設のニーズに合わせ、X線撮影システム本体に組み合わせるDRシステムを多種・多彩な中から選び、ご提案する、島津X線システムのデジタルソリューションDR〝NEUTRAL"が、DRシステムの多種・多機能化に対してもシームレスな構築を実現します。

X線テレビシステム SONIALVISION G4 NEW

消化管検査をはじめ、整形領域、泌尿器領域、DSA検査(オプション)まで幅広い検査にご使用いただける多目的デザインと多彩な機能、またその有用性を更にひろげる豊富なアプリケーションを最新の臨床画像にてご紹介しました。消化管領域では、内視鏡手技において画質やリアルタイム性を保ちながら透視の被ばく線量を約60%低減できるSUREengine FASTが有用であった例をすい胆管造影検査画像などでご紹介しました。また整形領域においては、島津独自のトモシンセシスT-smart(オプション)がTHAなどで金属近辺でも骨梁などが明瞭に描出された点や、長尺撮影SLOT Advance、骨密度測定Smart BMD(オプション)などのアプリケーションの有用性について、豊富な臨床データと共にお確かめいただきました。

島津ブース風景

一般撮影システム RADspeed Pro EDGE package

被検者のサポートを行いながら、ボタン操作で撮影準備が行えるオートポジショニングや、トモシンセシス、自動長尺撮影機能、デュアルエナジーなど検査の幅を広げるアプリケーションについてご紹介しました。中でもトモシンセシスについて、専用ワークステーションにより次の検査と同時並行で画像再構成が行えスループット良く検査が進められる点や、画像再構成技術T-Smartにより金属の影響を抑えた画像を取得できる点を高くご評価いただきました。

島津ブース風景

乳房専用PET装置 Elmammo Avant Class NEW

乳房圧迫に伴う痛みのない乳房検査を実現し、昨年9月にリニューアルした最新のElmammoをITEM初出展しました。従来機との臨床データの比較によって、従来の胸壁近傍の撮像視野外領域(ブラインドエリア)を縮小できていることをご評価いただきました。また、顔のあたる寝台の凹みを深くした新しい寝台を、実機で確認いただいたことで、検査中の首の負担が軽減されて、より快適に検査を受けられることを実感いただきました。
Elmammoシリーズとして最新の臨床データをご用意し、PET/CTでは映らなかった第2病変が検出できた例、マンモグラフィでは判別の難しい高濃度乳房における有用性を示した例など、専用機ならではの有用性を示すデータにより、多くの来場者から高いご評価をいただきました。

島津ブース風景

近赤外光カメラシステム LIGHTVISION

ICG蛍光法により乳がん手術におけるリンパ節への転移確認のための生検を支援するシステムを、ブレストケア製品としてご紹介しました。ハイビジョンセンサを搭載しており手術器具や糸なども鮮明に画像表示できる点や、ICGを白色の他、緑色や青色で表示できる点に注目が集まりました。本システムは2018年2月にICGの適応が血管及び組織の血流評価に拡大されたことにより、臨床用途の広がりが期待されています。

島津ブース風景

外科用X線テレビシステム OPESCOPE ACTENO

Cアーム台車のタッチパネル上に表示された透視画像の見たい領域をタッチするだけで、その領域の明るさが最適になるように自動的にX線条件をコントロールする機能Touch Focus(オプション)をはじめ、完全手動方式で思いのままにポジショニングできるカウンターバランス方式のCアームなど、手術室で操作性よく透視が行えるシステムを実機にてお確かめいただきました。

島津ブース風景

放射線治療装置用動体追跡システムSyncTraX FX4 version

4式のFPDとX線管を搭載し、治療装置のガントリヘッドを避けるFPD・X線管の組合せを装置側で自動選択し、即座に透視・撮影することができる放射線治療装置用動体追跡システムと、IGRT(画像誘導放射線治療)支援機能Smart Aligner(オプション)をご紹介しました。SyncTraXシリーズは、より効率的で効果的な放射線治療を支援するシステムとして評価も高まっており、国内での導入実績も増えています。

近赤外光イメージング装置 SPEEDNIRS

血中酸素化ヘモグロビン濃度の変化を捉えることで、脳の活動状態を可視化する近赤外光イメージング装置の卓上タイプを展示し、保険適用されているうつ病鑑別診断補助のほか、脳卒中のリハビリテーションへの応用とともに、AMEDやImPACTなど、現在、参画している国家プロジェクトでの最新のNIRS研究の取り組みをご紹介しました。

島津ブース風景
左:放射線治療装置用動体追跡システムSyncTraX FX4 version
右:近赤外光イメージング装置 SPEEDNIRS

高速液体クロマトグラフィ分析装置 Nexera LC-MS/MSシステム

島津のもう一つのコア技術である、分析計測技術について、クラスⅠ医療機器の分析装置・Nexera LC-MS/MSのMS検出器を、血液や尿などの生体試料を分析する際の前処理を自動化する装置CLAM-2000CLと共に展示しました。血液の薬物濃度をモニタリングすることで効果的な投薬治療を支援する取り組みや、新生児の先天性異常症の因子20種類以上を短時間で同時にスクリーニングする臨床応用例についてご紹介しました。

再来受付システム MERSYS-Ⅳ NEW

病院外来での再来受付を、大画面タッチパネルと音声ガイダンスで受診者がわかりやすく行える島津エス・ディー株式会社製システムをご紹介しました。島津はグループ全体で医療現場における様々なシーンでソリューションを提案しており、その取り組みをご紹介しました。

島津ブース風景
左:速液体クロマトグラフィ分析装置 Nexera LC-MS/MSシステム
右:再来受付システム MERSYS-Ⅳ

クリニックコーナー

X線テレビシステム FLEXAVISION HB package eXceed edition NEW

速写機能を用いて半切ワイヤレスFPDでの撮影が可能である点や、一新されたデジタル装置、透視画像処置SmartFITで視認性が向上した点をご紹介しました。またモニタ上での線量表示やDICOM MPPS/RDSRなど被ばく線量管理機能が強化された点などについてもご紹介しました。

島津ブース風景

電子カルテシステム SimCLINIC T3α XLink package NEW

DICOM患者情報連携機能を診療所向けシステムとして国内で初めて標準搭載した無床診療所向け電子カルテシステムを展示しました。弊社製X線装置X’sy Proとキヤノン社製フラットパネルシステムを組み合わせることで、オーダーから撮影、診断に必要な患者・画像情報を連携させることができ、一連の操作がとてもスマートに行えるSMS-Linkについてご紹介しました。

島津ブース風景

第77回 日本医学放射線学会総会
ランチョンセミナー13

質量分析技術が創出する最新医療
-異分野融合の一つの成果として-

共催:(株)島津製作所

14日に開催されたランチョンセミナーでは岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 放射線医学 教授 金澤 右 先生を司会にお迎えし、東北大学大学院 医学系研究科 放射線診断学分野 教授 高瀬 圭 先生に「質量分析計を用いた新たな副腎静脈 サンプリング技術の開発と将来展望」と題して、原発性アルドステロン症の検査・治療の新たな試みについてご講演いただきました。多くの先生方から興味深いとのお声をいただき、弊社の持つ医用画像技術と分析計測技術の融合がもたらす新たな可能性について期待が寄せられました。

Archive